〒260-0042 千葉市中央区椿森1-27-4
TEL:043-256-7010 / FAX:043-253-4632

田村漢方薬局は
漢方薬と薬草の専門薬局です

漢方薬は長い年代の内に、多くの賢者によって、その経験が整理され、整然とした体系を備えた理論医学であると考え、一人一人の症状に合わせて薬方を選びます。

煎じ薬、粉薬、丸薬、錠剤などの漢方薬、お茶のようにして飲む薬草(民間薬)も数多く取り扱っています。

夏季休暇のお知らせ
8月
11日(土)~14日(火)までお休みさせて頂きます
よろしくお願いいたします

2018/6/1

我が薬局は千葉公園のすぐそばです。
今年も大賀蓮が咲いています。
千葉公園には、ジャノヒゲの花、オオバコの花など薬用植物の宝庫
薬草園に行かなくても、楽しめます。
ジャノヒゲの薬用部は麦門冬と言い咳や痰切に、
オオバコの薬用部は車前草、車前子と言い利尿、むくみや腫れものにつかいます
蓮の薬用部は葉を荷葉と言い利尿、むくみ、水太りの人のダイエットに
        実は蓮肉と言い滋養、強壮につかいます
エアコンなどで、神経痛や腰痛がある人にはつらい季節です。
日常生活では、軽い有酸素運動をする。
身体を湿らせない(衣類、寝具の乾燥)、保温(水仕事など冷たい所に長時間いない)
お風呂などで体を温める(漢方製剤の浴剤、ウチダの浴剤おすすめです)
つらくなりはじめたら、漢方薬で根源から
漢方薬薬草、ご相談ください。

薬草の浴剤
(じっくり湯につかり、あせも、湿疹、疲労、冷え性、肩こり、腰痛などの緩和を)

ご湯っくり(ガイヨウ末・ヨクイニン湯・ミカン・ユズ・レモン)
ウチダの浴剤(カンゾウ・トウキ・ボウイ・センキュウ・コウブシ・コウカ・チンピ・マツフジ)

不眠、心の病に漢方を

2016/4/30

環境の変化などのいろいろな原因からくる多くのストレスで、不眠、不安、緊張、イライラなどが起こると考え、漢方薬はこれらのバランスを調和させる事により、これらの症状を改善します。

漢方薬薬草、ご相談ください。


地図

モノレール千葉駅より千城台方面に一駅。「千葉公園駅」徒歩0分です。

開局時間

月・火・水・金曜日
 AM 9:00 〜 PM 6:00

曜日
 AM 9:00 〜 PM 1:00

曜日
 AM 9:00 〜 PM 5:00

日・祭日 休み

お問合わせ

TEL:043-256-7010
FAX:043-253-4632

otegami@tamura-kanpou.com

  • ※メールでの相談は受け付けておりません。
    ご来局ください

ページトップへ