〒260-0042 千葉市中央区椿森1-27-4
TEL:043-256-7010 / FAX:043-253-4632

田村漢方薬局は
漢方薬と薬草の専門薬局です

漢方薬は長い年代の内に、多くの賢者によって、その経験が整理され、整然とした体系を備えた理論医学であると考え、一人一人の症状に合わせて薬方を選びます。

煎じ薬、粉薬、丸薬、錠剤などの漢方薬、お茶のようにして飲む薬草(民間薬)も数多く取り扱っています。

トピックス

2018/9/7

猛暑の夏も何とか終わり、少しずつ秋らしい毎日になってきました。
秋の楽しみ、新米・栗・ブドウ・柿など食欲をそそります。
干し柿にしたのを、昔は料理の甘味として使ったようです。(美味しそうですね)
民間薬では、柿の蔕をしゃっくりに、葉や渋を高血圧に使用します。
漢方薬では、うるち米の玄米を粳米とし、米を蒸して、麦芽で糖化し膠飴として、漢方薬の薬味の1つとして使います。
粳米は麦門冬湯や竹葉石膏湯などに入っています。どちらも痰や咳の出るときなどの漢方薬です。
膠飴は大建中湯や小建中湯などに入っていて腹痛などの漢方薬です。
気温の変化が大きい今時、体調を崩しやすいので注意、食べ過ぎなどで成人病も注意

つらくなりはじめたら、漢方薬で根源から
漢方薬薬草、ご相談ください。
お風呂などで体を温める(漢方製剤の浴剤、ウチダの浴剤おすすめです)

薬草の浴剤
(じっくり湯につかり 疲労、冷え性、肩こり、腰痛、あせも、湿疹などの緩和を)

ご湯っくり(ガイヨウ末・ヨクイニン湯・ミカン・ユズ・レモン)
ウチダの浴剤(カンゾウ・トウキ・ボウイ・センキュウ・コウブシ・コウカ・チンピ・マツフジ)

不眠、心の病に漢方を

2016/4/30

環境の変化などのいろいろな原因からくる多くのストレスで、不眠、不安、緊張、イライラなどが起こると考え、漢方薬はこれらのバランスを調和させる事により、これらの症状を改善します。

漢方薬薬草、ご相談ください。


地図

モノレール千葉駅より千城台方面に一駅。「千葉公園駅」徒歩0分です。

開局時間

月・火・水・金曜日
 AM 9:00 〜 PM 6:00

曜日
 AM 9:00 〜 PM 1:00

曜日
 AM 9:00 〜 PM 5:00

日・祭日 休み

お問合わせ

TEL:043-256-7010
FAX:043-253-4632

otegami@tamura-kanpou.com

  • ※メールでの相談は受け付けておりません。
    ご来局ください

ページトップへ